2011 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

安曇野

自転車ツーリング

安曇野は紅葉してました。
DSCN1045.jpg 
↑ 安曇野の清流
DSCN1063.jpg DSCN1067.jpg 
↑ 山は紅葉も終わりと言った感じ。 (右)剣岳を見る事ができた。

DSCN1077.jpg  
↑ NV200に自転車を積載。 前輪を外さず、そのまま積載。
スポンサーサイト
.31 2011 Diary comment0 trackback0

NV200を良くして見よう~

バイクや自転車を積んで走るトランポとして活躍のNV200。
少し良くして見よう~化計画を始めた。

・アルミホイールを付けて良くして見よう~。
 4ナンバーVANなので、装着タイヤは165R14-6RP貨物用。
 ホイールも貨物用のT規格(JW-T)でないと反則になってしまう。
 こんな条件をクリアーするホイールを探して見たら、これがあって、早速注文。

WEDS VICENTE-03NV 
   JW-T規格品なので車検OK。
 14×5.0J PCD114.3
 ちなみにタイヤは純正の165R14-6RP ビジネス用なのが悲しい・・。
weds_2011winter139.jpg
・カーナビを良くして見よう
 今のはとりあえずなナビ。もう少し良いものに交換したい。
 出来ればエンタメ性能も何とかしたいな~
 現在検討中。
DSCN1044.jpg 
↑ 今付いているHDDNAVI。 色々と不満が・・・。

・レーダーを付けて見た
 あると何かと都合良いのではないかと・・・装着。 
  隼に付けた方が実用的かと思った。
DSCN1042.jpg
↑ CRLLSTAR AR-G1A

・外観も変えて見たいな~
 こんなの格好用意かもってショップに連絡入れて見た・・・検討中。
nv200_fr_L.jpg nv200_rr_L.jpg
.28 2011 過去クルマ NV200バネット comment2 trackback0

NV200の記録と兄弟車現る

鈴鹿へはNV200で往復でした。

走行記録

燃費:17KM/L
走行時間14時間47分
走行距離983KM(鈴鹿往復)

DSCN0995.jpg DSCN0996.jpg
蒸し暑い気温だったので、走行中はエアコンONの状態。
東名高速を車の流れで走ってました。特にエコランをしたわけでもなく・・・17KM!
NV200は燃費の良い車だと思う。

帰り道、信号待ちで三菱自動車のショールームに目が行った・・・・あれ!
兄弟車がいつの間にか出てました。
日産のNV200のOEM車、三菱デリカD3だ。明日10月27日発売。

asahi.comより記事を引用

三菱自動車は、新型5ナンバーミニバン“デリカD:3”と小型商用ミニバン“デリカバン”を発表、10月27日に発売する。

 デリカD:3とデリカバンは、三菱が日産からOEM供給をうける小型乗用ミニバン/商用バンだ。ベース車は“NV200バネット”で、フロントグリルが変更されている以外、内外装デザインは基本的に同じものとなっている。
gal_01.jpg 
↑ 三菱 デリカD3

.26 2011 過去クルマ NV200バネット comment2 trackback0

モンスターで夜走り

モンスター1100EVOで首都高と都内を走って来た。

あいにく首都高速はアチコチで片側車線を規制しての工事中。
渋滞が起きている箇所が結構あった。

モンスターは4000rpm以下ではトルクが細く、エンジンが不整回転し、スナッチが起きる。
渋滞個所を走る時は、高回転を保つため、クラッチ操作を多くしなければならない。
けして軽くないクラッチなので疲れる。

そしてエンジンの熱気が凄く、股周辺がとても熱い。

しかし、一旦空いた道路を走れば、とても気持ち良い走りをする。股下の暑さも気にならない。
エンジンもスロットル開度へ素早い追従をし、軽快に回り、トルクフルな走りをする。

やっぱり、このバイクはじゃじゃ馬さんなんだろうな~(^^♪。

FSCN1039.jpg 
.26 2011 過去バイク モンスター 1100EVO comment2 trackback0

TRIUMPH NEW MODEL TIGER EXPLORER 1200

FACE BOOKやってます。
トライアンフUKのオフィシャルFACEBOOKからNEW情報が届きました。

トライアンフ 2012NEWモデル
タイガーエクスプローラー1200
・シャフトドライブ、3気筒1200ccエンジン、ライドバイワイヤのスロットル、クルーズコントロール、
 ABS+トラクションコントロール、F19インチ、R17インチ、片持ちスイングアーム 、950Wの電装はアクセサリー満載OKで、オプションのヒーターは3か所(ライダーシート、タンデムシート、グリップ)と豪華。
トライアンフ版のBMW1200といった感じ。
1200cc3気筒とこのスペック・・・2013発売と言われているBIGツアラーのトロフィー用のシステムを先にお披露目したのだろう。
triumph-tiger-explorer-1.jpg 
↑ MCNから引用 Tiger Explorer 1200。

スピードトリプルR
・オーリンズのF/Rサスペンションシステム、ブレンボ4Pラジアル、、ABSなど走りを磨きこんだモデル
q1.jpg 
↑ 2012 Speed Triple R

ボンネビル スティーブマックイーンTMエディション
世界限定1100台生産。
T100ボンネビルをベースにトロフィーTR6イメージのカスタムをしたモデル。
ブラックアウトのヘッドライト、ホイール、ハンドルバー、サスペンションなどを装備。
雰囲気を楽しむモデル
q2.jpg 
↑ 2012 Steve McQueenTM Edition
.25 2011 Diary comment2 trackback0

ガレージの片付け

モトモト誌で企画した2010年カスタムGRAND PRIX。
XRがグランプリを受賞し、その副賞が工具箱だ(ツールBOX)。

鈴鹿から戻ったあくる日の日曜日に開梱して、ガレージに設置。
工具を今までのBOXから移動して、他にもキャブセットやスプロケ、ボルトセット、チェーンなどもしまいこんだ。
ガレージがずいぶんスッキリ片付いた。けど・・・なぜか筋肉痛←何故だ?

DSCN0967.jpg 
↑ この黒いBOXが副賞のツールボックス。

↓ガレージの片付けの間、バイクは外で待機中~。
DSCN0955.jpg 
ノボリがあったら・・・バイク屋さんだね(笑)
.24 2011 Diary comment2 trackback0

チーム 縦型!

鈴鹿の4MINIイベントの楽しみは、縦型チームの集結。

と言っても、私の縦型は都合で参加できず残念・・・・・。

(XRはSSに向けてセッティング作業中、APEはまだフレーム状態・・・)。

しかし、関西の雄2台はしっかりグレードUPして来ていた。

FSCN1012.jpg 

FSCN1013.jpg 

DSCN0910.jpg DSCN0911.jpg

↑ 外装をシルバー&ブルーからホワイト&ブルーの新デザインに一新。
  メーター周りもモトガジェットや本格レーシングメーターを採用。大型冷却コアを採用し、熱ダレを対策。

 

DSCN0907.jpg 

DSCN0944.jpg 
↑ HODAちゃんのマシンも超絶!

縦型のアルティメットハイエンドカスタムだ~。
XR持って行けばよかったな~(T_T)
.23 2011 APE100カスタム comment6 trackback0

APE HOTRODパーツ完成・Gクラフトさん

土曜日に開催された鈴鹿のミニバイクイベントに行って来た。
目的は、パーツが完成したAPEの引渡し。それと、縦型仲間との再会だった。

ここでは、完成したAPEのパーツを紹介。
(画像が悪くてスミマセン・・・。 )
DSCN0938.jpg DSCN0939.jpg
↑(左)シングルサイド(片持ち)BLACKスイングアーム (右)オリジナルの削りだしリンクはゴールド仕上げ。

DSCN0940.jpg DSCN0941.jpg
↑(左)新作のリアホイール4J×12にブレンボキャリパー 
 (右)新作のフロントホイールとブレンボキャリパー。ネクトさんのレーシーなディスクいいな~。

鈴鹿のイベントにはあかおぎの鈴木店長が来てくれていていた。
あかおぎさんには、エンジンの製作を依頼してある。パーツが完成したAPEはあかおぎさんに積んで帰ってもらい、エンジン&ブレーキパーツの取付けが行われる。

製作してくれたのは・・ギルドデザイン・Gクラフトさん。
私の大まかな構想から、それをデザイン化~図面化し素晴らしいパーツが完成した。
FSCN1016.jpg 
ギルドデザイン(Gクラフト)スタッフの皆さん。
忙しいなか、製作いただきありがとうございました!

.23 2011 APE100カスタム comment4 trackback0

スイーツ

あ・・VロッシがヤマハのR1に乗った感想が・・・「スイーツ」。
で・・・今日のスイーツです。

ご近所に美味しい~スイーツ店があって、各位、各方面へのお届け物はこの店で購入してます。
DSCN0895.jpg 
ふわ~っとしたクリームにカシスの酸味が絶妙~。

で・・・今晩 鈴鹿に向けて出発します。

APE 凄い事になってます!
.21 2011 Diary comment2 trackback0

APE HOTRODカスタム

HOTRODカスタム 

10月6日発売のモトチャンプ11月号
表紙マシンは、ご近所の東京パーツさん製作のズーマー。
これお店で造ってましたね~。 結構長い間あったような・・・・。
cover_20111018112009.jpg
でもってカスタムペイントはも~っとご近所のサンライトさん。
スカルのゴーストペイントが夜になると浮き出てきますよ!!

サンライトさんは完全手描のペイントなので、同じものは2つとないのが自慢できます。
もう、その時の感性で決まっちゃう所がアートじゃないですか!(^^)!。
0mtgp7.jpg o0640048011498144337.jpg
↑ ツインリンクもてぎ サンライトさんフルカスタムペイントしたHOTOROD2台出走!!

チャンプ表紙のズーマーは、12月4日横浜ホットロッドカスタムショーのサンライトさんのカスタムカーブースで見られる予定ですよ。
そうそう、私のXRモタード メカカウルバージョンも一緒に展示。

サンライトさんの雑誌で有名なHOTORODカーにバイクも展示の楽しいコーナーです。

ムーンアイズ 2011横浜ホットロッドカスタムショー
http://yokohamahotrodcustomshow.com/

そして、私のAPE HOTORODも昨年に続き2回目の展示を予定しています。
今回はAPE EVORODとして、進化したHOTORODスタイルをお見せできると思います。

ちらみせ・・・
 fender stay IMG_513222.jpg
.18 2011 APE100カスタム comment2 trackback0

ドゥカティ モンスター1100 EVO 慣らし運転

昼前に雨が上がった。
Monster1100 EVOの慣らし運転に出発。あまり遠くに行ける時間でもないので、成田空港へ向かった。
霞ヶ浦沿いを通るワインディングの多いルートを使う。起伏は少ないが、結構くねった道だ。

約1時間走り成田空港の飛行機の撮影スポット「さくらの山公園」に到着。
A滑走路北エンドから16Rへの飛行機の着陸を見てきた。
撮影はすべてNIKONのコンデジ。それどもバッチリな距離での着陸。
次回はデジイチを持ってゆこう~。 
DSCN0840.jpg
DELTA B747-400
DSCN0846.jpg 
DELTA A330-200

DSCN0854.jpg 
UNITED B747-400 スターアライアンス
DSCN0863.jpg 

1時間ぐらいの滞在だが、結構写真を取ることが出来た。

あ・・・飛行機じゃなくてドゥカティの慣らし運転だった。

ハンドリングは前輪荷重かな?。慣らしLIMITの6000rpmまで上げて走って見た。
パンチのある加速。軽量な車体を一気に押し出す。
パーシャル状態で旋回すると、Lツインのエンジンがスナッチして暴れる。
一気に減速して、ターンを決め、素早くトラクションを効かせた立ち上がり加速をする←こういった攻撃的な乗り方でないと、エンジンが不機嫌に暴れだすようだ。
それに慣れてくると、走りが刺激的に感じ出す。乗っているのが楽しい!
しかし、マ フラーの「爆音」はどうにかならないものか?気のせいか、走り出して1時間もすると、さらに爆音がUPしている気になる。
シートのすわり心地はGOOD。
メーターの視認性は・・悪い。何故あんな見えないメーターしたんだろう?謎だ。
成田から幕張まで東関東道に乗ったが、高速ではライダーが風をまともに受け疲れる。
軽い車体でもあり風には弱いかも・・・。

完璧な4気筒の日本車と比べると、ネガティブなところが多いが、モンスターにはそれを凌ぐ、ライデングの楽しさを感じた。

DSCN0876.jpg DSCN0879.jpg
中野真矢氏経営の56designに3周年の挨拶へ。 新しいデモバイクCBR250Rがちょうど納車されてました。
氏も興味深そうに、モンスターを見てましたよ。

帰り道、約180KMで燃料警告灯が点灯。給油は11Lだったので、満タンク容量13.5L-給油11L=2.5Lがリザーブ。
.17 2011 過去バイク モンスター 1100EVO comment2 trackback0

アジリティ 練習会

秋になり、本格的なワンコの競技会シーズンがスタート。

11月の競技会前の練習会があった。
ワンコは久々のコース出場です。

そして私は今年の競技シーズンに向けて購入したアウトドアグッをやっと使える!ってワクワク。
コールマンのシェードにスクリーンタープをつなぐように設営した。

夏に購入しておいた、コールマンラウンドスクリーン320EX
天井のクロスに加えて、天井周囲をシャフトがラウンドしているので、かなりガッチリしてます。
風が強い冬など、安心して中にいる事が出来るだろう。
IMG_6876.jpg
↑ ラウンドスクリーンにシェードを組み合わせ。
  クッキングは煙やにおいがこもらないシェードエリア。休憩はスクリーンエリアと別けて見た。
  同じ競技をしている友人ファミリーと合流し、ちょうど良い大きさのエリア設営だった。

IMG_6859.jpg IMG_6857.jpg 
ヤマハの発電機を始めて使った。そして料理用のホットプレートが大活躍!
象印 グリルなべEP-PK20 1300W
鍋型のホットプレートなので、焼き肉~焼きそば、お好み焼き、ホットケーキにすき焼き、おでんなど他用途に使える。
今回は焼きそばとお好み焼きの料理でした。
冬はすき焼きやおでん、よせ鍋などで体を温められる。

ヤマハの発電機 EF1600iSは プレートを強火で使うと、高出力運転。保温でと低出力な静音運転に自動で切り替わる。排気ガスも規制に対応していて、特に臭さを感じるほどではなかった。

今まではカセットコンロだったので、風の影響で火力が弱くなる事が良くあったが、ホットプレートだとむらなく焼ける。

購入した物を使えて大満足であ~る!(^^)!

おっと、ワンコの競技はと言うと、2回出場してどちらも「クリアーランニング」。
春までの訓練を忘れずにいたんだね。えらい!

IMG_6923.jpg 

IMG_6922.jpg  IMG_7007.jpg

これからが競技本番。アウトドアグッズを充実させるぞ~(^◇^)←なんか違う方向のようで(笑)
.16 2011 わんこ comment2 trackback0

台湾出張

台湾出張

行きは成田発JAL最終便。ホテルに着くころは日本時間で翌日になっていた。
DSCN0828.jpg 
↑ ホテル近くのコンビニで買ったお茶と夜食。
砂糖入りのお茶がある国ですが、こちらは台湾製「日式」で砂糖無し。

翌日は終日会議。
パートナー企業のトップを交えたビジネス会議。
今年のQ3までの実績と問題点、アクションの確認。Q4計画の合意。
2012年の計画について、その戦略とアクション・・。
とても実のある良い会議だった。

会議でトップが強調したのは「サステイナブル」
「持続可能な」という意味。将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展を進めようとする理念。
 環境と共存した事業の発展として使われる事が多い用語だ。
 我々の共通した認識は、過度なビジネスの成長を追いかけ歪を生じ、最終的に事業から撤退する事の無い、着実な成長を目指すと言う事。
 最近は急激な成長を目指すあまり、その過程で問題を起こし、事業撤退の事例が多い。さらに為替変動や欧米景気の減速から、事業を縮小する事例がとても多い。
 今回、ステップ毎に事業を見直し、確実な成長を目指そうと言う意識で、お互いのコンセンサスを得た。
 もし、日本側が過度な成長をしているときは、サプライヤーとしてブレーキを踏むと言ってくれた。お互いの信頼なくしては出来ない事だ。

会議の後は、懇親の食事。
珍しく、シマイシガニ(通称トラガニ)を鉄板で蒸した料理も出された。
蟹を食べるときは・・・そりゃ~無口(笑)。黙々と蟹をほじるのだ。
DSCN0826.jpg DSCN0836.jpg

翌々日は朝早い便で台湾を離れ、夕方には帰社。
円高なので、欲しかった○○を手に入れた。どうも買い物は衝動的だな~←反省。
DSCN0837.jpg 
飛行時間は約3時間30分。
経営が厳しいJALだが、「おもてなし」の心を感じる良いサービス。
意識の高い乗務員に感心する。 
.14 2011 Diary comment2 trackback0

DUCATI MONSTER 1100EVO

モンスター1100EVOが来た。

30KMほど乗った、ファーストインプレッション。
 3000rpm以下はスカスカでトルクが無い。
 音が勇ましい(笑)
 減速時アフターファイヤー?的な破裂音が・・・。
 ライデングポジションはやや前傾でワインデングを攻めるって感じ。
 シート下が排熱で暑い・・・・特にマフラー側。
 ブレーキは奥で効く感じで、コントロール性が良い。
 4000rpmを超えると、鋭い加速をする。
 重量が軽いので、押し歩きが楽。
 シート高は高め。
 見た目・・格好良い!!

DSCN0786.jpg 

DSCN0794.jpg 

DSCN0796.jpg
.11 2011 過去バイク モンスター 1100EVO comment4 trackback0

ボンネビルでワインディング

空冷エンジンのボンネビルには、良い季節が到来!

早い紅葉を期待して、霧降高原に行こう!って準備して向かえた朝。
「寒いよ~」早朝の気温が15℃位だった。さらに寒い所に、高速道路を長く乗って走りに行くのがオジサンにはかなり辛い・・。
早速計画変更して、比較的近い、北茨城の山間部を走って来ました。

地震や台風の被害で、ちゃんと走れるのか?と心配してましたが、問題なく快走する事が出来て良かった。
所々、路面に段差や舗装の割れがあるので、気をつけて走ってください。

ツインエンジンのパルス音を聞きながら、頑張ってますよ~的な走りは気持ちよい。
DSCN0764.jpg 
↑ボンネビルのツインエンジンのパルス音が人間の感性にシンクロする。

散々峠を走り、次に向かった先は、茨城空港←何故?
空港に隣接する航空自衛隊で  航空観閲式が行われていた。
政府・防衛省関係者向けの装備披露なので、向かい側の茨城空港から見学することになった。

DSCN0777.jpg DSCN0775.jpg
DSCN0773.jpg 
↑空港敷地にF4が展示されていた。迫力!

.09 2011 過去バイク トライアンフ ボンネビル comment2 trackback0

わんこ in 西武ドーム

連休は何かと忙しい~(*^_^*)
初日は、西武ドームで開催のワンコイベントに行ってきた。

例年の来場者数が6万人って・・・ほとんどがワンコ連れなので、ワンコが6万頭以上集合(@_@)
初めて行ってきました。 

DSCN0703.jpg DSCN0722.jpg
↑ 球場のバックスタンド側を開場。ドーム内に足を踏み入れれば、あ~プロ野球選手気分!?

DSCN0726.jpg DSCN0727.jpg
↑ 名物 ドーム焼き。 お兄ちゃんはがん見・・・。で、妹は速攻ガブって!さすがヤンチャ娘(笑)

規模の大きなイベント。
会場を歩いていると、同じ犬種が直ぐに見つかりまして、最後は皆さんで記念撮影。
DSCN0745.jpg  
さて ウチのワンコは何処でしょう??
DSCN0759.jpg  
↑これなら判るかな?って顔がみんな同じですね~。
DSCN0753.jpg DSCN0761.jpg 
↑ 正解はオレンジカートのワンコがMYワンコでした。
   
お仲間さんに沢山会えて楽しいイベントでしたよ。
.09 2011 わんこ comment2 trackback0

MOTOGP会場とNEWマシーン

MOTOGP 日本GPの最後のレポートはイベント会場の紹介。
そして、NEWマシーンが展示されていましたよ(^^♪。

先ずは会場・・・
DSCN0645.jpg DSCN0648.jpg
↑GPを戦うメーカーの展示ブース。
 車両メーカーはホンダ、ヤマハ、スズキ、ドカティ。カワサキが出ていないのが寂しい・・・・
 物販ではGAS、アライ、ショウエイ、NGK、ブリジストンなどがブース出展。
 GOODS販売は、日本GPオフィシャルグッズ、ロッシグッズ、ロレンソグッズ、56デザインなどあり、買い物も楽しめた。
 メディアは、鈴鹿8耐に続きライデングスポーツ(書籍販売)、モトナビ(書籍&イベント&カフェ)がブースを出展。

DSCN0664.jpg DSCN0642.jpg
毎年恒例のMOTONAVIブース&カフェではBIGゲストのトークショーで賑わっていた。
女性向けのバイク雑誌「モトビューティー」のプロモーションも、特に女性の興味を引いていた。

さて、展示されていた、NEWモデルを紹介しましょう。
HONDA CBR1000RR NEWファイアーブレード
4代目のCBRとしてデビューする。
外観はカウルデザインが一新され、シャープなルックスになった。
そして、リアショックが新設計のダブルチューブ式に変わった事が目につくポイント。
メーターも従来のアナログ+デジタルコンビメーターから、フルデジタルメーターに置き換わり、サーキットイメージを前面に演出するデザインを採用。
DSCN0654.jpg DSCN0657.jpg
DSCN0655.jpg 
シャープな顔つきになったフロントデザインの変更。 ちょっと怒り顔で怖いかも・・・。

ドゥカティは、NEW MONSTER1100EVOをメイン展示
DSCN0551.jpg 
空冷2気筒で100HPのパワーを発揮するモデルで9月17日に発売になった。
馬力、トルク共にイタリア本国仕様と共通スペックとは嬉しい!最高のパフォーマンスを楽しめる。

BIMOTA
福田モーター商会からBIMOTA2台の展示があった。
どちらも排出ガス・騒音規制に適合した日本モデルである。
BIMOTA DB8 SP & DB61100EVO
DSCN0652.jpgDSCN0653.jpg 
↑ DB8SPはとても人気が高く、高額車だがセレブなライダーが○○からきっと乗り換えるはず!

DSCN0650.jpg DSCN0651.jpg 
↑ こちらもセレブオーラーをだしているDB61100EVO
  見ているだけでワクワクさせる格好良いバイクです。

 さて、今年のNEWバイクは○○に決まったな!
.07 2011 Diary comment2 trackback0

MOTOGP2011 日本GP ライダー写真

サーキットに自転車を持ち込み、アチコチと移動しながらライダーの写真を撮った。
画像が多すぎて、全然まとめられないのだが、一先ず雰囲気がでているものをUPします。

IMG_6287.jpg 
↑ 今年の表彰台は3位が一度だけと大苦戦の帝王Vロッシ。 でもオーラでてましたよ。やっぱり格好良い!
 決勝レースでは、1周目にロレンソと接触~転倒し、リタイアとなってしまい残念!
IMG_6844.jpg IMG_6136.jpg  
↑ 2010年チャンピオンのロレンソ(ヤマハ)。もてぎは赤/白のレース50周年記念カラーのマシンで参戦。
 巧みなレース運びで、2位。しかしランクトップのストーナーが後退もその後追い上げで3位表彰台を獲得したので、自身のチャンピオンタイトルの連覇はかなり厳しい状況となってしまった。
IMG_6318.jpg 
↑ ヤンチャな走りで決まると表彰台に立つシモンチェリ。もてぎでは、ワークスのドビチオーゾと4位争いを制し、4位でゴール。走りを見ていると、コーナーリングのラインが他のライダーと違っている印象を持ちました。それで、接触が多いのかな?

IMG_6519.jpg 
↑ S字コーナーでフルバンク。高速での切り返しをするこのS字コーナー。ここまでバイクを倒すのか~っとため息。
IMG_6851.jpg    
↑ 90度コーナーのストーナー。これだけ体を車体の外側に出すのは、彼だけだろう。その分速い!
 ブレーキトラブルから、コースアウトしてトップの順位から7位まで後退したが、その後追い上げ3位表彰台獲得。
 次戦、彼の母国のオーストラリアGP以降のレースでチャンピオンになるポイントとした。
IMG_6838.jpg IMG_6758.jpg
↑ こちらは、もてぎで優勝したペドロサの走り。途中からトップに浮上。「プッシュ←本人コメント」を続けた走りで、2位ロレンソに7秒差をつけてゴール。
彼の活躍で、自身とレプソルホンダはMOTOGPクラスにおいて、もてぎ初優勝を飾った。
IMG_6750.jpg 
↑ 9位でフィニッシュの青山選手。来年もその雄姿をもてぎで見られる事期待したい!

来年2012年のMOTOGPカレンダーでは、もてぎ開催の日本GPが10月14日となったようだ。

そろそろ、2012年の各チーム体制が気になる季節ですね~。
.06 2011 Diary comment2 trackback0

MOTO GP ROUND 15 JAPAN GP

MOTO GP 第15戦 日本グランプリ 決勝
MOTO GP GRAND PRIX OF JAPAN

この日のもてぎのコンデション
雲 気温19度 路面温度29度 ドライコンデション
決勝入場者数 34,096人(ヤマハ発表)、33,096人(ホンダ発表)
3日間合計 53,212人

DANI PEDROSA/HONDAが優勝。今期3勝目であり、ホンダは2004年依頼のもてぎ優勝だ。
2位にはJ LORENZO/YAMAHA, 3位は5ラップ目にコースアウト7番手まで順位を落としながらも怒涛の走りをした、今期ポイントリーダーのC STONER/HONDAがゴールした。
Dani Pedrosa took his third victory of the season in an eventful race at the Twin Ring Motegi circuit with Jorge Lorenzo second and Casey Stoner third.

決勝はデジイチを準備。自転車でコースをアチコチ移動しながら撮影したので、最後にはメモリーカードがFULLになるほど写真を撮った!
では、決勝の様子をレポート。

人気のV ROSSI/Ducatiは1週目の第3コーナーでコースアウト。沢山のファンがロッシの走りを待っていたが、最終コーナーに来る事は無く残念だった。
IMG_6409.jpg IMG_6423.jpg
IMG_6431.jpg 
↑ V ROSSIは決勝1週目の第3コーナーでコースアウト。
  何か起こりそうな予感がして、スタート時、第3、第4コーナーが見える場所で撮影していた。
  その後、ダウンヒルストレート 90度コーナーの指定席に移動。

  90度コーナーでライダーの走りを楽しんだ。
  では、フルバンクの画像をどうぞ!
IMG_6758 ダニ 
↑ 優勝 D PEDROSA/ HONDA 

IMG_6729ロレンソ 
↑ 2位 J LORENZO/YAMAHA

IMG_6715ストーナー  
↑ 3位 C STONER/HONDA

IMG_6784シモンチェリ 
↑ 4位 M SIMONCELLI/HONDA

IMG_6685デビチオーゾ 
↑ 5位A DOVIZIOSO/HONDA
IMG_6720青山 
↑9位 青山博一/HONDA

MOTOGP 日本GPレポートはまだまだ続くぞ~(笑)
.03 2011 Diary comment2 trackback0

ツインリンクもてぎ MOTOGP 練習日

MOTO GP 日本グランプリ 練習日

午後からもてぎ入り。
駐車場はS字とV字コーナーの間にある、マルチコースエリア。
駐車場から、S字、V字の走行を見る事が出来る。
これなら、観戦指定席券入らなかったかも・・・・。

まあ、そう言わないでと、ダウンヒルストレート90度コーナー席で、選手の練習走行を見てきた。
迫力ある、減速~バンク~加速~立ち上がりを見る事ができるエリアだ。

シフトダウン&シフトアップ、減速音、加速音が聞けるので、マシン毎の特徴あるサウンドが楽しめる。
今回はコンパクトカメラだけ持っていったので写真はお粗末でした・・・。
決勝はデジイチ&望遠レンズを準備しないとね。

DSCN0516.jpg 
↑ デジカメのパノラマ機能を使うと、コーナーリングの連続写真が取れる。

DSCN0521.jpg DSCN0529.jpg
↑ (左)ストーナー、(右)ロレンソ ヤマハのクロスプレーンサウンドは重く迫力がある。
DSCN0533.jpg DSCN0554.jpg 
↑ (左)Vロッシ さすがベテランと言う感じで、綺麗に走る。 パドックにあったドカティはスタンバイ中。
 DSCN0555.jpg DSCN0546.jpg 
↑ HONDAのパドックのイラスト。 (右)ツインリンクもてぎは涼しい~。
DSCN0548.jpg DSCN0552.jpg  
場内では各メーカーのマシンを展示。(右)ホンダ ストーナーモデル (右)ヤマハ ロレンソモデル
 
新車の展示もあった。
DSCN0547.jpg DSCN0550.jpg 
↑ (左)ホンダ クロスランナー VFR800X MUGEN V型4気筒800ccのデュアルパーパス。
  (右)ドゥカティ モンスター1100EVO ディスモドゥエエボルツィオーネエンジンは空冷100PS。

他にも、HONDA CBR1000RRの新型モデルなどの展示があった。

土曜日が予選、日曜日は決勝です。
 
.01 2011 Diary comment2 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。