2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

CBR250R 朝ライド

仕事前に街中をライド。

ぱるる~んとシングルの音が気持ち良い。
さて、1000KM初回点検に行きますか!

SDC17347.jpg 
↑ CBR250R TUKUBA CITY 
スポンサーサイト
.30 2011 過去バイク CBR250R comment2 trackback0

横浜 みなとみらい

夏のバイクウエアーを探しに、みなとみらいへ。

まずはお昼ご飯。
メキシコレストランのランチビュッフェ。
トルティーヤに辛~いサルサをかけて、「あ~辛い」って食べ過ぎだ~w。
SDC17339.jpg 

お次は、軽井沢ファーマーズギフト店へ、フルーツソースを買いに行く。
今回は期間限定のパイナップルソースをGETした。
果肉の旨味が良く出て、ヨーグルトやケーキ等にかけて食べると美味しい。おススメです。
SDC17344.jpg 
そして、バイクの夏服。隼が来たので、ウエアーもそろえようと思いショップへ。
ダイネーゼ横浜店で、メッシュの夏ウエアーを探した。
全面メッシュは涼しそうだが、高速ライドでは、内臓を冷やしてしまう。
メッシュとテキスタイル地、両方デザインサマージャケットを購入
SDC17342.jpg
ツーリングが楽しみ。
.29 2011 用品・デジモノ comment2 trackback0

黒ブサ 飛翔

SUZUKI GSX1300R 隼

納車になり、夜の高速道路を走った。
Pearl Nebular Blackのカーラーリングの車体は、ワイルドな存在感を放つ。
オーダーした赤のリムテープ(ホイールテープ)が足回りを引き締める。

SDC17332.jpg 

で・・・「はやぶさと」言うとこちらも速い。
top_mainimg.jpg 
最初の長距離ライドは、はやぶさの終着 青森へ飛翔。
.29 2011 過去バイク GSX1300R ハヤブサ comment5 trackback0

CBR250Rで行く信州ツーリング 

梅雨空の季節、天気予報を見ると信州地方は晴れの予報。
ならば、前回の豪雨の蓼科行きのリベンジと言う事で、八ヶ岳をぐるっと回るコースをCBR250Rで走ってきた。

今回の走行予定は約700KM。帰って来ると、CBR250Rの慣らし運転が終わる計算になる。

AM4:45出発~PM16:00帰着
コース:
常磐道→首都高速→中央道→諏訪IC
R152→R299メルヘン街道→草麦峠→JR小海線八千穂駅
→R141→野辺山→清里→K605→K619→中央道 須玉IC
中央道→首都高速→常磐道

距離:666KM

行きの高速道路は、八王子~相模湖間が雨。途中カッパに着替えて、100KM/Hで淡々と走る。
諏訪ICで高速を降りて、蓼科高原へ。雨は上がっていたが、山にはガスがかかっていたため、路面からの水ハネを考え、レインパンツははいたまま、草麦峠をめざして、ワインデングを駆け上がる。
上り坂のワインデングでは、力がないので、頻繁にシフトチェンジを繰り返すが、それが新鮮、だけど忙しい。
標高2127Mの草麦峠に到着。
SDC17297.jpg 
峠を少し降りた所にあるレストハウスの展望台からは浅間山を望む雄大な景色が見られた。
SDC17300.jpg 
白樺の群生林を抜けて、峠道を一気に下る。
下りは軽量な車体で、軽快に走れる。
車体の特徴なのか、切り返しは軽快と言うより、粘ると言う感じ。スパっと切り返すのでは無く、少しリアに動きを残しながら前輪が切れ込んでゆく感じ・・・・(判りにく表現ですね~)。
安定志向のハンドリングと言った感想。

R141まで降りて来て、小海線の八千穂駅で休憩。
先ほどの霧のメルヘン街道とは打って変わって、真夏の日差しが厳しい。
それでも標高が785Mある駅なので、湿度は低く、カラッとした暑さ。

休憩していると、珍しい、ハイブリットトレイン キハE200が駅に到着。
これを待ってました!
SDC17306.jpg SDC17305.jpg 
↑ (左)八千穂駅・・この日は改札がお休み。切符は列車内でお求め下さいと・・・のどかです。
  (右)リチュウム電池からの電力と、デーゼル発電した電力を使い、電気モーターで走る電車。
    電池への充電は搭載したデーゼルエンジンと回生モーターの発電電力を利用する。
    駅で停車中は音がしません。発進も電気のモーター音だけです。
    人気車両ですから、沢山の観光客が乗っていました。あ~乗りたかった!!!

E200を見送って、R141 佐久甲州街道をの~んびりとCBRで走る。 シングルエンジンのパルス音が気持ち良い。
途中、県道のワインデングを経由して、中央道に乗り帰宅。

SDC17309.jpg SDC17310.jpg
↑(左)オド910KM、 本日の走行は偶然666.6KM。 メーター見てビックリでした(笑)。

初回点検したら、慣らし終わりとし、元気なCBR250Rのハンドリングを試してみようと思います。
.27 2011 過去バイク CBR250R comment4 trackback0

BR250Rでロングツーリング

ハヤブサ・・まだ納車にならない・・・。
ナンバーは付いているんですが、パーツの装着に時間がかかっているようだ。

まあ、グダグダと文句を言っても仕方が無い。
ここは、CBRの慣らし走行を一気に終わらせる事に予定を切り替える事にした。
日曜日は信州方面なら天気が良さそう。
一気に4~500KM走ると慣らしが終わる。
非力なバイクだが、割り切ってトコトコ走り景色を楽しんでこよう~。
SDC17296.jpg 
↑ 長距離前の点検はバッチリ。ナビのステーも取り付けて旅バイクバージョン。


.25 2011 過去バイク CBR250R comment6 trackback0

CBR250R 高速ライド(慣らし運転中ですが・・)

都内へ移動する用事あり。
CBR250Rの高速性能はどうよ?っていう訳で、バイクで往復。

高速道路の流れ90KM/Hについてゆくのに、6速、回転数5,500rpmまで回すことになった。
慣らし運転なので、MAX 4,000rpmと決めていたが、走行200KMにして上方修正~。
SDC17292.jpg 

約90KM/Hで高速道路を大人しく巡航してのインプレ。
・直進安定性が良い。
・防風性は顎あたりまでで、ヘルメットや肩は風にさらされる。社外スクリーンが発売されたら交換したい。
・前後サス(未調整)は固めで、路面段差で跳ねる印象。 慣らしが進めばフィーリングも変わるだろう。
・巡航時の音量は静か。パルル~っと感じ良い鼓動が聞こえる。 シングル好きなので、音が気持良い。
・この速度だと、ハンドル振動、ミラー振動が無くリラックスして乗れる。
SDC17286.jpg 
車体はミドルSSより大きい感じで、ジャストなサイズ。

90KM/hでも回転数は5,500rpmなので、まだまだ余裕がある。慣らしが終わるのが楽しみだ。
.22 2011 過去バイク CBR250R comment4 trackback0

ワンコもクールビズで節電

この夏は節電

untitled_20110622094618.jpg 
↑ 本日の電気使用量

わんこも節電・・・ってことで、サマーカットです。

今日も暑いですが、工夫して、節電。
IMG_5980.jpg IMG_5990.jpg 
(左)カット前のフサフサ~なわんこ。 (右)カットしてさっぱり・・・寒いかな~。
IMG_5985.jpg  
妹わんこもカットです。

冷房ガンガン冷やす人いますよね。この夏はどうするのかな~。
節電しましょうね!
.22 2011 わんこ comment4 trackback0

深谷ネギとXRモタード

オートボーイさんに無理言って同行してもらい、埼玉県の深谷へ行ってきた。

深谷と言えば・・・深谷ネギ!

特徴
関東は柔らかく深い土壌ゆえ、土寄せして白ネギを作る。
深谷ネギは白根部分が長くて、糖度が高い(みかんなみ)。
すき焼きに深谷ねぎを入れれば、甘みがでて美味しい。
他には、鍋物に美味しい、下仁田ネギが有名。

で・・・深谷ネギです。
SDC17255.jpg 
さすが、見渡す限りのネギ畑。
SDC17257.jpg 
XRモタード。
しばらく、ヨシムラのダウンマフラーを装着するので、それに似合うフレイムバージョンの外装にしています。
シートも純正タイプに変えてます。

そして、撮影会 (by MOTOMOTO)。
SDC17260.jpg 
緑の畑がバックなので、黒・赤の色合いが引き立ちますね~(^◇^)

SDC17264.jpg 
で、ネギ畑のど真ん中にあるバイクショップさん。
ハーレーのカスタムがメイン。ターボやサブコンを使ったインジェクションチューニングに定評あるショップさん。
ガーデニングが綺麗 ♪ 

SDC17271.jpg 
34Φのビックキャブ。ガンガンAIRをシリンダーに送り込んでます。
燃料噴射を濃くセッテイングしているつもりが、A/F比を測定すると、まだまだ薄いリーンな状態・・・!?
ツインプラグってこんな濃いセッティングでも燃やし切ってしまってます!

メインジェットを交換してゆきますが、手持ちのスペアでは追いつかず・・・。
パワーは18PS越えの所で、今回は終了。

恐るべしツインプラグの燃焼力。 これで、SSは-0.1秒確実かな~←妄想~。
シフト剛性UPと合わせて、合計-0.2秒・・・なんて上手く行くと良いのですが。

当日の様子はオートボーイさんのブログにもUPされてます。
http://autoboy.exblog.jp/

XRのカスタムは深いな~(笑)。
.21 2011 XR100カスタム comment2 trackback0

シフトの剛性UP

XRモタードのシフトチェンジペダルの改造。

シフトの剛性を上げ、一瞬のシフト操作を確実に行う事を可能に出来る。
オートボーイさんが製作してくれました。

SDC17085_20110620141449.jpg 
↑ 従来のシフトペダル部 レーシングシフトなので、踏み込みながらシフトUPする。
  オートシフターのセンサーがリンクロッドにあり、シフトチェンジの時「しなる」ような感じで剛性が足りない。
  SSレースでは、シフトスピードが重要なので、この剛性をUPする改造を行った。

SDC17279.jpg  
↑ シフトシャフトロッドを固定。
  ここを固定することで、リンクロッドのシナリが無くなり、剛性が高まった。

SDC17276.jpg 
↑ なんだか凄くメカっぽいシフトステップ回り(*^_^*)。
 オートボーイさんはレースショップなので、こういった加工は上手いですね。

 これで、-0.1秒達成!かな。
 次のメニューは、
 ・減速比の最適化
 ・キャブレターの燃調の設定

 そして、クラッチカバーを格好良くカスタム・・・(^^♪・・・・只今製作中!
.20 2011 XR100カスタム comment2 trackback0

HONDA CBR250R 納車インプレ

ホンダの中型バイク CBR250Rが納車になった。

天気が悪くて、少しの時間だけだったが、約50KM乗っての感想。

SSマシンの様な、VFR1200に似た感じの格好良いデザイン
小さくも大きくも無い、まさにジャストサイズ!

SDC17238.jpg SDC17242.jpg
SDC17241.jpg SDC17243.jpg
SDC17239.jpg SDC17245.jpg
上体は少し前傾し、ステップもリア側高い位置にマウントされていて、走りを意識するライデングポジション。
フルカウルだが、カウルの膨らみが小さく、細身で取り回しが楽。
燃料タンクのデザインが良く、二ーグリップし易すい。コーナーリングで足が自然に引っかかる。
シートも堅くも柔らかくも無く、疲れにくい印象。パッセンジャーシートも座り心地が良い。
リアグリップは大きいのがついているので、タンデム走行も良いだろう。
リアシートの荷物の積載性は、リアグリップやリアステップに紐をかけやすく、良好と思う。

SDC17246.jpg SDC17248.jpg 
走行中に見る表示はタコメーターがメインとなるレイアウト。デジタル表示の時速計は光のかげんでは見えにくいかも・・
デジタルメーター表示は時速、水温計、燃料計、時計、オド・トリップメーター。
リアシートは鍵で取り外せ、その下はまあまあのスペース。ETC、書類などを入れるには十分なスペース。

250CCだからか、クラッチはとても軽い。
SDC17250.jpg 
慣らし運転を意識して、MAX4000rpmで走った。
シフトは6速。
6速4000rpmの時の時速は約67~69KM/H。
5~6速の時、3000rpmを下回ると、エンジンのぎくしゃく感が大きい。
単気筒らしくトルク感のある加速が楽しめる。
70KM/H走行時は、振動も少なく、快適な乗り心地。
エンジンは結構元気な音を出して回ってます。
SDC17247.jpg SDC17249.jpg
タンクキャップがエアプレーン・・・は見た目で、パコンと外れます(笑)。
タンク容量は13L。
メーター表示1残りで、給油したら10L入った。
SDC17251.jpg
↑ 霞ヶ浦の湖畔。

トルク感のある加速が楽しめる単気筒エンジン。
倒しこみはヒラヒラと軽く、コーナーが楽しい。
スクリーンの防風は顎下辺りまでだが、伏せれば、かなり効果がある。
ブレーキも良く効くと思う。
このバイクなら、日帰りツーリングも楽しそう。
まだ、50KMしかのってないので、インプレはこの辺で・・・。
.18 2011 過去バイク CBR250R comment2 trackback0

日産 NV200 トランポとして活躍

次期ニューヨークのイエローキャブに選定されたNV200

納車引取で、ホンダCBR250Rを積載した。
CBRをのせる時は、後部座席を取り外した状態とした。

CBR250Rサイズ
全長:2035mm、 全高1125mm、全幅720mm

NV200の荷室長は、カタログでは、前席シートバック~テールゲートで1900mm。
ウオークスルーの前席間にタイヤを出せば、余裕を持って積載できた。

SDC17236.jpg 
前輪を真っすぐの状態で、前席間にタイヤを出す事が出来る。
SDC17234.jpg 
余裕を持って積み込む事ができた。

先日の菅生サーキット往復の燃費は、15.4KM/Lと高燃費。
往復:走行時間8時間10分、距離625KMでした。
SDC17149.jpg SDC17150.jpg

NV200はトランポとしての性能OKです(^^♪


.18 2011 過去クルマ NV200バネット comment0 trackback0

ハヤブサ入荷

SUZUKI GSX1300R ハヤブサが入荷

ハヤブサがバイク店に入荷してました。 SDC17230.jpg

この後、パーツを装着して納車になります。

・MRA ツーリングスクリーン
・ブレンボ ブレーキマスター
・ブレンボ クラッチマスター
・ヘリケーン ハンドルUPスぺーサー
・アグラス ジェネレーター&フレームスライダー
・タンクカバー&フレームカバー

SDC17231.jpg
.16 2011 過去バイク GSX1300R ハヤブサ comment4 trackback0

ワンコのお気入り

妹ワンコのお気に入りの場所は・・

HIMOLLAのリクライナー ZEROSTRESS

ドイツ製なので、少し硬めのカッチリした座り心地が気に入ってます。

いつの間にか、妹ワンコのお気に入りの場所になってました(泣)。

他のソファーもHIMOLLAで揃えました。
ドイツ製のリビングソファーは革・ウレタンがしっかりして、型崩れせずに長く使えます。

IMG_5976.jpg
.16 2011 わんこ comment2 trackback0

バイク選び

今回、万能な性能のニンジャ1000から、尖った性能のZX10Rに変える事を考え、そのついでに乗らないバイクを一旦売却することにした。いきなり事を始める性格なもので・・・(笑)

ニンジャ1000(←流通量があるらしく思ったより安かった)
ロケットⅢツーリング(←国内台数が少なすぎて相場が無いため、新車価格から算出。かなり安かった)
Vストローム(←流通量が少ないため、かなりの高値がついたが、カスタム費用を考えると劇安)
モンキーFI限定(← 人気車のようで高価買取)
外車が安くなるのは車と同じで仕方が無いが、国産のニンジャの価格が安いのには驚きだった。

今度の大型の候補はパワーのある速いバイクのZX10Rをメインとし、その対抗をネイキッド車、カウル車から選んだ。 

カウル車の候補
ilm_1300s-s.jpg 741-1.jpg
↑(左)BMW K1300S 、 (右)カワサキZX10R

BMWは1300になり中低速のトルク感がUPして乗り易い。しかしこのデーラー、ついぞロケットの下取りの連絡をくれず、これからの付き合いに疑問を感じた。

ZX10Rはコンパクトな車体と以前ほど過激ではなくなったライデングポジションが気にいったが・・・・
宣伝文句のSS初の200PSはヨーロッパ仕様で、国内入荷はアジア仕様の151PS車。
200PSに所有感を感じたかったのに・・・・GSX-R1000なら185PS、 BMWS1000RRなら193PSなんて考えるとな~ってことで今回は見送り。

ネイキッド車の候補

bikes_brutale1090rr_l.jpg1_20110615065942.jpg
↑ (左)MVアグスタ ブルターレ、 (右)ドカティ ストリートファイター

どちらも格好良い。ストリートファイターの前傾したポジションは結構過激。どちらも片持ちRサス、マフラーも片側出しの2段として、幅を狭くしたデザインが実用的であり、デザインもGOOD.
問題は、長距離を走ると気になる防風性能。ネイキッドですからそんなことより格好が優先なのは判ってるんですが・・・実用性がないと長くは付き合えません。
ビキニカウルだけでもあると全然違うんですがね~。

と・・・グダグダ迷った時は、最上の性能を持ったバイクを買うのが一番と思いこのバイクを購入。

SUZUKI GSX1300R HAYABUSA 2011年モデル

hybs1300_o_ph01.jpg 
色はPEARL NEBULAR BLACK
カタログスペックの197PSは魅力的。
デビューしたての時期のカワサキZZR1400も一時所有したが、長距離が楽なバイクだった。
 (ZZR1400は単独転倒で全損しました・・・・・)。
在庫もあり、流通体制もよいので、近いうちに納車されるだろう。

ハヤブサはBMWやドカティなど外車に比べて価格が安いので、浮いた予算でCBR250Rを購入した。
cbr250r.jpg 
↑ HONDA CBR250R カラー:パールスペンサーブルー
ハヤブサとは違うバイク店で、全てコミコミ特価のタグをつけた車両を見つけて購入。 
久しぶりの中型車だ。近くにショートサーキットがあるので、楽しく走れそうだ。
そして・・・つくばや、もてぎの本コースでも走らせてみたい(*^_^*)
.15 2011 Diary comment4 trackback0

CBR250R

ホンダの中型バイク CBR250Rを購入。
何度か試乗して、良い感じのNEWバイク。
これで、サーキット遊びをしようと思う。

SDC16954.jpg
↑ 今回購入したCBR250R 「パールスペンサーブルー」
  ホイールサイズが17インチなので、違和感無く乗れる。
SDC16815.jpg SDC16811.jpg
↑ 水冷DOHC単気筒インジェクションエンジン (右)燃料計、水温計がデジタル表示されるメーターパネル。

バイクが多すぎて、ガレージも整理がつかなくなっているので、急に決心して、この1週間で売却をしました。
売却したのは、VストロムDL650A、ニンジャ1000、ロケットⅢツーリング、モンキーFI(限定)の4台。
SDC16794.jpg SDC17114.jpg
SDC17227.jpg 
モンキーはかなりの高額だったので、予定外だったのですが手放す事にしました。


ガレージ すかすか~
.14 2011 過去バイク CBR250R comment4 trackback0

夏ですな~

まさに真夏な台湾。

空いた時間で市内見学。
まずは101タワー。
SDC17217.jpg 
右側グリーンのポロシャツが私です。
SDC17223.jpg 
中正記念堂
なんて記念撮影して観光気分です♪

SDC17224.jpg
気温は車の外気温計で37℃ 熱いわ~。
.09 2011 Diary comment2 trackback0

次世代バイクの調査

台湾2日目。

今回はECOバイクの調査・性能確認の試乗のために台湾入り。
メーカーのある台中で1日会議&試乗をしてきた。
このECOバイク。性能がすごい!
開発チームの一人は、アジアカップの上位常連のライダー。
ハード面のECO性能と、バイクとしての運動性能を両立させていた。

SDC17151.jpg SDC17154.jpg
↑(左)朝の台北駅。変な2名が今回の同行者(汗)。 (右)台湾高速鉄道。台北~台中間を約50分で結ぶ

SDC17163.jpg SDC17157.jpg
↑(左)メーカーは広大な工業団地にある。 (右)会議室にあった同社の製品。

午前中は活発な討議を行い、マシンの性能を把握。かなりのECO性能だ!
SDC17172.jpg SDC17181.jpg 
↑広大な産業道路を使い、マシンの動力TESTと撮影。今回の訪問は雑誌取材もかねていたので、テスターの○○氏が徹底的に走りこむ。
私も試乗したが、加速性能、高速巡航、旋回性能すべてのバランスが良い。
エコマシーンとして、かってない完成度と、○○氏の弁。
この日は真夏の気温だったが、暑さも忘れ、その性能を確認するため、長い時間試乗を繰り返した。
SDC17185.jpg 
↑近未来的な高速鉄道台中駅の外観。乗降客が多い台湾有数の大都市。
予定時間をかなりオーバーして、台北へ高速鉄道に乗り戻った。
SDC17186.jpg SDC17188.jpg
↑ 台北市内には夜7時前に到着。現地の○社と情報交換をかねて会食。
メーカーとのお昼ごはんでお腹いっぱいだったが、夜ご飯も美味しくて食べてしまう・・・・・。
台湾は食事がとても美味しいので、いつも食べすぎ(笑)。

ECOバイクは次世代のマシーンとして、普及拡大が見込まれる。
日本仕様に多少のモディファイを行い、良いマシーンとして近いうちに披露したい。
 
.08 2011 Diary comment2 trackback0

SUGO SSアタック!

モトチャンプ SSドラックレース SUGOラウンド

宮城県菅生サーキットで開催のSSドラック第1戦を走ってきた。
(次回 第2戦は10月9日)
SDC17141.jpg 
↑ SSの会場。地元 宮城県のマシンも多く来てました。


曇りで、湿度・気温も高くキャブセッティングが十分ではなかったですが、午前2回、午後2回、合計4回のラウンドをフルアタック。

最後のアタックで、自己ベストを0.1秒更新!!!(←この0.1秒詰めるのが大変なレースです)。

交換したBIGキャブで、さらにタイムを詰める方法がおぼろげですが、判った気がする。
・二次減速比の再セット。
・オートシフターの設定。
・クラッチ回りの剛性UP。
・燃調の再セット。
などなど・・・・

次回のSSが楽しみ!


SDC17142.jpg SDC17119.jpg
↑SUGOサーキット メインスタンド。 この日は4輪のレースも開催。
SDC17124.jpg SDC17128.jpg 
↑ ドラックレース仕様のXRモタード。 
 
頑張ろう東北!頑張ろう宮城!
SDC17143.jpg 
↑ 地元 宮城チームのトランポ。 がんばろう宮城県! 

SDC17136.jpg 
↑ レースは、SUGOサーキットで頂いたステッカーをはり参戦しました。
.06 2011 XR100カスタム comment2 trackback0

宮城県 菅生サーキット


早朝の菅生サーキット
SSの準備中
今回は14時45分までタイムアタックするスケジュール
時間枠内 アタック回数無制限
仕上がり後、初ライディングなので助かった。
.05 2011 XR100カスタム comment2 trackback0

READY TO SS

XRのドラックレース 第2戦 仙台SUGOラウンド 準備完了

前回、ツインプラグにエンジンの仕様変更をしたXRモタード。
昨日完成!
製作はつくばのオートボーイさん。
宮内さんの技術によりXRモタードをレーサーバイクに仕上げてくれました。

<キャブレターを交換>
前回のSSからツインプラグ化をし、戦闘力をUPさせました。
(モトチャンプ6月号 P171で特集されました。)
高圧縮比のヨシムラエンジンのXR。
ツインプラグ化により、火炎伝搬距離を短くし、デトネーション(異常高速燃焼)を防止し、パワーを上げる。
ツインプラグ化で完全燃焼性能が向上したので、空燃比(A/F比)を低回転域でリッチにするセッティングにしてある。
通常であれば、カブル事になるが、このエンジンは、ツインプラグ化でパワーカーブがストレートに上昇している。
各ギアの最高速度領域の空燃比が12~13となり、最高出力を発揮している。

前回はFCR28Φのキャブレターだったが、今回はビックキャブ TMR34Φに交換。
高いトルクで、エンジン回転の伸びを得る、パワーアップ仕様に変更した。
 SDC17090.jpg
↑ ミクニ TMR34Φ
  250CC単気筒車に良くつかわれる大きさ。 エンジン並みの存在感!

エンジンマニホールドとの接続に、スピゴットをワンオフで製作。
34Φキャブ口経とエンジン間でスムーズな空気の流れを得るため、スピゴットをテーパー処理。
 SDC17092.jpg
↑ ワンオフテーパースピゴットとマニホールド。

キャブが大きくて、車体燃料タンクとのクリアランスが取れない対策として、ヨシムラNSF100用ブランケットを装着。
さらに削ってタンクとキャブレターのクリアランスを確保。

SDC17088.jpg 
↑ ヨシムラ ブランケット。 ヨシムラの刻印がプレミアム感を演出(画像ボケてます)。

<シフトの改造>
前回、エンジンの回転上昇のスピードに追い付かなかったシフト操作を改良。
最速シフトを目指す。
鈴鹿のBATTLE FACTORYのNEW BATTLE SHIFTERを装着。
これに、レース用逆シフトを組み合わせ、アクセル全開加速を続けながら、3速までシフトアップをより短時間で確実に行う事を目指す。

SDC17085.jpg 
↑ レーサー仕様の逆シフトと、パワーシフター。
  シフト操作で、ロットにある、センサースイッチが押され、エンジン点火をカットし、オートシフトできる。
  点火カット時間はコントローラーで調整~設定する(シート下にコントローラーを設置)。

OILラインを綺麗に造り、レーサーでありながら、カスタムバイクの美しさと性能を両立をする。
SDC17093.jpg 

では、本日仙台に向けて出発します。
帰ってきたら、直ぐに台湾って・・・・ハードすぎる(汗)。
.04 2011 XR100カスタム comment4 trackback0

夏省エネ 緑のカーテン

この夏は、省エネ。
東京電力のHPに節電方法の紹介があり、実践しよう~ってことで・・・
緑のカーテン始めました。

ゴーヤと、キュウリ、朝顔のつる植物を植えて、緑のカーテンを作ることにした。
害虫も来る様なので、対策しないと。

SDC17080.jpg
.01 2011 Diary comment7 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。