2014 081234567891011121314151617181920212223242526272829302014 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ninja1000のマフラー

KAWASAKI NINJA1000

慣らし走行も終わり、だんだん乗るのが楽しくなってきたNINJA1000 。
なんたってオールマイティに乗りやすいのが良い。

では、もっと乗り易くしようと言う事で・・・・
カスタムの定番・・・マフラー交換を検討中。

第一候補は K-FACTORY FRC4-1 フルエキタイプ。
重量3.6Kg (ノーマル 7.5Kg)。

2_20110527092845.jpg 
untitled.jpg
FC2 Management
.27 2011 過去バイク NINJA 1000 comment4 trackback0

横浜マリンタワー

早朝、NINJA1000で高速ライド。

首都高速を走っているだけでは物足りないので、横浜まで足をのばしました。
元町は静かな朝を迎えてます。

SDC16787.jpg 
↑ AM7:15 山下公園

SDC16789_20110514110124.jpg
↑ マリンタワー。

NINJA1000は、取り回しが楽。
なので、バイクに乗るのが億劫にならない(^^)!
高速ツアラーなので、遠くまでも気軽に出かけられます♪
.14 2011 過去バイク NINJA 1000 comment4 trackback0

ninja1000 ワインデング走行~伊豆スカイライン

ニンジャ1000でワインデングを走る。
朝6:00出発~昼12:00戻り
距離 約400KM

走行距離が2000KMオーバーになり、慣らし運転が終わったninja1000。
午前中、車の少ない時間帯の伊豆スカイラインを走った。

ニンジャはコーナーでの倒し込みが楽。
そしてコーナーリング中も車体が起き上がる様な挙動が少なく、安定して旋廻する。
立ち上がりは、アクセルを開けると「スパット」車体が起き、そのまま息の長い加速が楽しめる。

車体が軽くスリムなので、体力でネジ伏せる必要がない感じです。

伊豆スカイラインまでの常磐~東名高速道路をハイペースで走る。
ツアラーの様なドッシリ感は無いのですが、スクリーンの防風性能の助けがあり、疲れず約400KMを走り切りました。

SS車と比較すると、アクセルのツキや、ブレーキのレスポンスが緩い感じ。
ブレーキング時にフロントがよれる感じなど、車体の剛性感が低い印象があるが、その緩さからか、かえって疲れない事に気が付いた。
朝、気力・体力があるうちは、緩いな~と思っていたバイクのレスポンスも、疲れて反応が鈍くなる帰りごろにはちょうど良い感じになる。 SSに長く乗っていると、その過敏すぎるレスポンスに疲れる事が度々ある。
この按配が、1日走っても「疲れない」スポーツ・ツーリングバイクとしてのニンジャの良い所だと思う。

SDC16933.jpg SDC16926.jpg
↑伊豆スカイライン

<気が付いたネガな部分>
気温が高い一日でした。
上半身は、エンジンの熱風を感じませんでした。
しかし、サイドカウルからの熱風が足元方向、ブーツに向かって流れてます。
高速道路でも足元に熱風が来るのが判りブーツが熱くなります。
夏場のメッシュタイプのブーツだと、余計に熱さを感じるかも・・・。
.08 2011 過去バイク NINJA 1000 comment4 trackback0

KAWASAKI Ninja1000 ヨシムラマフラー

今日は、早朝 Ninja1000とVストロムの洗車をしました。
久しぶりにエンジンをかけ、暖機しながら点検しました。

花粉もそろそろ大丈夫な感じがするので、ツーリングに出かける予定を立てよう。

Ninja1000にもだいぶパーツが出回ってきたようです。
お待ちかね ヨシムラのスリップオンサイレンサーの予約が開始されました。

サイクロンマフラー 2本出しです。
カラーはステンレス、チタン、チタンブルー、メタルマジック・・黒。 

エンド部はカーボンエンド、ステンレスエンドが選べる。

5月中旬に発売予定。
110-213-5--0_3.jpg
110-213-5--0_4.jpg 
.20 2011 過去バイク NINJA 1000 comment2 trackback0

ninja1000 ワインディングツーリング

ニンジャ1000の慣らし(1600KM)が終わったので、待望のワインデングツーリングへ行ってきました。

高速道路では、7000rpm以上で巡航して見た。
フロントがリフトする事も無く、しっかりとした接地感。
中~低速域で、路面の追従性の良いリアサスは、高速域でも同じようにしっかり路面をつかんでいる感じ。
タンクとシートに細かい振動が起きましたが、これはもう少し乗り込むと収まる感じの所期振動と思います。
SSの様な「矢の様に進む」感じとは異なり、風を清流して進んでゆく感じです。
高速巡航中は足元~腰周辺から上昇してくる風が上体に当り、体が押し上げられるので、軽い前傾程度が楽なポジションです。

高速道路を降りて、ワインデングへ。
このエリアのワインデングは山間部の道をつないで走るMyコース。
信号が無く、民家もほとんど無いので、通行する車もわずか。
約100KMのワインデングをひた走る、とっても楽しいコースです。

SDC16282.jpg 
↑ 春の様な気温で、路面も大丈夫だろうと・・・・ここまでは思ってました(笑)
SDC16280.jpg SDC16281.jpg 
 
↑ 北茨城・大子線にある こやまダム。
SDC16291.jpg  SDC16284.jpg
↑ 大北渓谷。 本当はVストの方が楽しい道ですが、ニンジャでも元気良く走れます。
SDC16295_20110228082423.jpg SDC16285.jpg
↑ 水沼ダム 

SDC16298.jpg 
茨城と福島の県境の峠道はまだ雪が・・・。路肩だけの雪なので、注意して走ればOKでした。
福島と茨城を行ったりきたりしながらのワインデングツーリングでした。

本日の走行距離
 SDC16303.jpg SDC16302.jpg
↑(左)本日378KMでした。 (右)オドメーターは1921KMになりました。

ワインデングを走っての私的な感想。
***転載しないでねm(__)m***
 
・ブレーキは良く効きます。Fブレーキで十分制動できます。
・リアも効き過ぎることなく、程よく車体を安定させられます。

・アクセルの開けに対しエンジンが、リニアに吹け上がりる感じで加速が楽しい(過敏では無い)。
・減速もスムーズ。急なシフトダウン(5→2速)でもリアの流れが少ない。クラッチのすべりでコントロールできる。
・直4は比較的エンジンブレーキが大きいが、このニンジャはスムーズなので、ワインデングでもシフト操作を積極的に行うライデングが楽しい。

・ワインデングの加減速で車体がぶれることも少ないので、倒しこみがスムーズ。
・雪解けで、路面状況が悪い山間部の道でも、サスが暴れずしなやかに追従している。
・タイヤの接地感が高いので、滑り出しが気にならず、加速~減速を楽しめる。

・中速域で、カウルかバイザーから発生する「ピ~」と風をきる音がウルサイ(>_<)

・このコースは過去SS(R1、デイトナ675)やネイキッド(ゼファー)などでも走りましたが、ニンジャはSS寄りなフィール。
SSの様な速いけど神経質なライデングではなく、ネイキッドの様に緩くて途中から観光ツーリングになる事も無い、スポーツライデングには良い所を突いているな~と思うセッテイングのバイク。
・ゆったりしたライポジなので、景色を楽しむ余裕もありますが・・走りが楽しいので、あまり見てません(笑)。
・車体がコンパクトに感じるポジションなので、ヘヤピンの多い峠の上り・下りも気負うことなく走れます。

・路面の悪い所は穏やかに走れ、良い路面は、タイヤへの入力を感じながらスポーツできる楽しいツーリングバイクでした。
.27 2011 過去バイク NINJA 1000 comment6 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。